スカイラインを中古で買う

日産スカイラインは、新車で購入すると結構料金がかかります。最大で400万円くらいはかかるようなので、平均しても300万円はかかると考えたほうがいいでしょう。スカイラインのあの走行性やデザインに憧れているという方も多いのではないでしょうか。

しかしそれを買うほどに予算がないという方にお勧めなのが中古車で買う方法です。中古車のメリットとは車体本体の料金を抑えらえるという点だけではありません。そのほかの必要なパーツも予めつけられていることが多いからです。

新車で車を購入すると足マット、雨よけのバイザー、ナビなど必要とされるパーツを組み込んでいくと思った以上にお金がかかることがわかります。

中古の場合は全てそれらが付いています。なので車の購入費用全体を抑えることができるのです。また場合によってはかなり掘り出し物もあるようです。

例えばある方は、1年しか型落ちしていなスカイラインクーペを新車よりも200万円近く値が下がっている商品を見つけたそうです。

しかも走行距離もたったの800メートルしかないのです。なぜ買って間もない車を売ってしまったのかその事情はわかりませんが、スカイラインがすごく欲しい方にとってはかなり魅力的な条件だと思います。もちろんその時の人気がある車はそんな値段で販売されてはいないでしょう。

スカイラインは中古車の数も結構出ています。なので粘り強く探してみたら好条件の車が見つかるかもしれません。

車を売るとき損する人の傾向

スカイラインはニッサン・ディーラーに下取りに出すのが王道だと思われてきました。
しかし、案外、カービュー等の中古車買い取りの一括査定の方が高く売れる場合があることがわかってきました。